不動産仲介業の選び方

不動産仲介業者の選び方

地域密着型の不動産仲介業者

引っ越しを検討する時、まず不動産情報サイトから物件検索をする人は多いと思います。

不動産仲介業者にはおおまかにいって、地域密着型と大手不動産会社があります。
要はチェーン店のように全国各地に支店を持つ大手企業か、地域の情報をよく知っていて土地に密着した不動産会社か、ということです。
地域密着型の不動産仲介業者は、地域に密着している分、地域の情報には非常に詳しい利点があります。
古くからの付き合いを大事にする地域密着型の不動産会社は、部屋を貸し出ししている大家と長い付き合いがあることも多く、家賃の値下げ交渉もしやすいことがあります。
人と人とのつながりを大事にしているため、融通が利きやすいのです。

デメリットとしては取り扱い物件の地域範囲が狭く、地元からすこし離れてしまうと物件情報自体がない場合があります。

大手不動産仲介業者

大手不動産仲介業者のメリットは、まず取り扱い物件が多いことでしょう。
大手不動産会社の場合、支店と連絡も取り合いながら非常に広いネットワークを駆使し、お客の希望に合った物件探しをしてくれます。
そのため、新着物件に出会えたり、理想の物件により近い物件がみつかりやすい特徴があります。
また、お得なキャンペーンやポイントサービスなどもたびたび行っていて、お得感のある契約を行うことができます。

しかし、大手不動産会社には厳しいノルマ、歩合制がとられているところもあります。
そのため、契約を取るために少々強引な営業になったり、必死な接客を受けることになってしまう場合もあります。
なかには、あなたが希望とした条件に合っていなくても、契約を取るために強引に進めてくる場合もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る