不動産仲介業の選び方

そもそも、不動産仲介業者とは何か。

不動産仲介業者を利用すること

不動産仲介業とは、不動産取引の場面において不動産の売買や賃貸の際に、家主と私たちの間に立ち、売買契約や賃貸契約の際に仲介する業者です。
個人での取引はトラブルを招いたり、契約前の調査が不十分なままに契約をしてしまうこともあります。
不動産は権利関係や規制などがあり、法律上のしがらみもあり非常に難しいものです。
周辺の状況や隣近所の関係なども調べたいところですが、個人的に行うことは難しいでしょう。
住み始めてから「こんなはずではなかった」と思うのでは、遅いのです。
トラブルや損害を防止し、円滑に不動産取引を進めるために不動産仲介業に勤める方は、専門的知識を持っています。

そういった個人ではできない調査なども請け負ってくれるのが不動産仲介業者です。

不動産仲介業者のメリットとは?

私たち一般の人は、物件の売買、賃料が適正かどうか判断が付きません。
不動産はまったく同じ商品がないため、他と比べることができず、価格の適正を判断することは非常に難しいものです。
個人のやり取りだと、売買代金の支払いがきちんと払われるかどうかも不安があります。
業者を通すと、安心を買えるという利点があります。
また、個人同士の契約だと取引条件の調整も難しいと思います。
個人の契約だと自分の求める条件の物件を見つけることが難しいことも問題となります。
住みたい家がはっきりと決まっているのであれば、個人的に相談できますが、多くの物件の中からより理想に近い家を探している人には個人契約は向いていないでしょう。

逆に、仲介業者に依頼するデメリットは仲介手数料がかかることだと思います。
仲介手数料をかけて便利に、安全に理想の家を手に入れると考えてもらうとよいと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る